FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ビタミンの種類・2
水溶性ビタミン②

葉酸
新陳代謝を活性させ 健康的な皮膚に!
たんぱく質やDNAの合成をサポートします。
胎児にとっては重要な栄養素なので 妊娠&授乳中は多めの摂取が必要です。
赤血球を再生させる作用もあり 貧血治療にも使われています。
女性の健康に必要な栄養素として再検討が進められている 注目のビタミンです。

[1日に必要な摂取量] 0.2~0.4mg
[主な食品] レバー・卵・牛乳・豆・ほうれん草などの緑黄色野菜。
貧血や肌あれといった症状が欠乏症として知られています。

------------------------------------------------------------------

ビタミン2
アミノ酸・脂質・炭水化物の代謝を高める発育ビタミンです。
成長促進作用があり 健康な皮膚・爪・髪を作ります。
ナイアシン・ビタミンB6・K・葉酸の再生や成長促進にも働きます。
ストレス状況下や脂肪の多い食事ではビタミンB2を多く消費するので
不足しやすいのも特徴です。

[1日に必要な摂取量] 1.0~1.7mg
[主な食品] ウナギ・レバー・牛乳・納豆・緑黄色野菜など。
熱・酸化・酸には強いけれど 光には不安定です。

------------------------------------------------------------------

ビタミンC
コラーゲンを形成し 抗ストレス・疲労回復にも作用します。
体の組織細胞・歯・骨を強化します。
さらに抗ストレス・抗ガン・抗ウィルス作用やビタミンEを再生させたり
鉄の吸収を促進する効果もあります。
水に溶けやすく 熱や空気に対しても不安定なので 新鮮な生で食べるのが効果的です。

[1日に必要な摂取量] 100mg
[主な食品] 柑橘類・イチゴ・キウイ・ブロッコリー・赤ピーマンなど。
通常2~3時間で排出されるので こまめに補給しましょう。

------------------------------------------------------------------

ビタミンB1
イライラを軽減し 穏やかな精神状態をキープ。
日本人はビタミンB1の約1/2を穀物から摂取しているといわれています。
炭水化物の消化を助けたり 神経機能の維持にも関与します。
精神状態に良い影響をもたらしてくれるので 欠乏するとイライラや食欲不振に。

[1日に必要な摂取量] 0.7~1.5mg
[主な食品] 無精製の穀類・小麦粒粉・豚肉・魚・豆類など。
過剰に摂取しても すべて排出されるので適量を。


スポンサーサイト



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | 健康マメ知識 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。