FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
若さと健康を保つアンチエイジング成分
体にダメージを与え老化を促進させる「サビ=酸化」
サビをつくらない!サビと戦う! 3大アンチエイジング成分。

体内のフリーラジカルを捕らえて除去
体のサビ止めに欠かせないのがサビの原因となるフリーラジカルに直接作用する抗酸化物質。
身近な抗酸化物質であるビタミンA、C、Eなどのビタミン類は、野菜など食品として外から
摂る必要があります。
体内で作ることができるのが、コエンザイムQ10やα-リポ酸。
これらは強力な抗酸化作用を持ち、コエンザイムQ10には免疫機能をアップさせたり
α-リポ酸には他の抗酸化物質を体内でリサイクルさせたりする働きもあります。
どちらも、サプリメントとして補給することができます。

腸内環境を整え抗酸化物質の消耗を防止
女性の悩みで多い便秘も、フリーラジカルの一因です。
加齢にともない腸内の悪玉菌が増えて便秘を招き、有害物質を発生させるのです。
便秘を予防するのに、有効なのが食物繊維です。
腸内の善玉菌を増やし、便のカサを多くして腸の粘膜を刺激し便通を促進。
老廃物を体外へ排出することで、フリーラジカルの発生を防げ、体内の抗酸化物質の
消耗も防ぐのです。また食物繊維には、血糖値の急激な上昇を抑える作用があり
皮膚の弾力が衰える原因であもある、たんぱく質の糖化防止にも有効です。
つまり、食物繊維は老化を招く酸化と糖化をブロックするアンチエイジング成分といえます。

若々しい肌と健康を保つアミノ酸
たんぱく質を構成するアミノ酸は、肌や筋肉の老化防止に必須の成分です。
若さと健康維持に必要な成長ホルモンが正常に分泌されるためにも、不可欠です。
肉の脂肪が気になる場合は、魚や乳製品、大豆製品などバランスよく取り入れて
1日約80gのたんぱく質をとるようにしましょう。

たんぱく質の量は固形量全体の1/4
 たとえば牛肉100gをたんぱく質量に換算すると約23gです。
 肉や魚などの食品に含まれるたんぱく質量は意外と少ないのです。

スポンサーサイト



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | 健康マメ知識 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。