FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
紫外線が及ぼす影響
アンチエイングはぬかりなく!!知らないと怖い!
女性の体調などでも紫外線の影響が強く作用してしまうこともあるんです。
また食べ物によっても 良い・悪いがあります。


【生理前や妊娠中は特に用心!】
生理前や妊娠中 ピルの服用中に分泌される黄体ホルモンには
紫外線の感受性を高める性質があるので 日焼けしやすくなります。
また 不規則な生活による ホルモンバランスの乱れも注意が必要です。
抗生物質などには 紫外線の感受性を高めるものもあるので
服用する時は 確認しておくと安心ですね。

【ビタミンCは予防です】
できてしまったシミを 食べ物のビタミンCで消すことはできません。
ビタミンCには 紫外線によって発生した活性酸素から肌を守る抗酸化作用が
あるため シミの予防にはなります。

食べすぎると 体を冷やしやすい果物よりも野菜がよいでしょう。
加熱してもビタミンCがこわれにくい おすすめ野菜たちは・・・。


キャベツ・じゃがいも・カリフラワー・れんこんなど白っぽい野菜。
緑黄色野菜のビタミンA(カロテン)ナッツ類に豊富なビタミンE
色素や苦味成分であるポリフェノールにも同様の抗酸化作用があります。

ビタミンA:ブロッコリー・ピーマン・にんじん
ビタミンC:キャベツ・カリフラワー・れんこん
ビタミンE:玄米・大豆・ナッツ
ポリフェノール:りんご・しそ・緑茶

【レモンには気をつけて!】
「ビタミンCがたっぷりだから!」・・・といっても危ないですよ!!
レモンにはソラレンという物質が含まれていて 紫外線感受性を高めてしまいます。
他には パセリ・アセロラなどにも含まれています。

朝食にこれらを食べて出かけ 紫外線にあたると 逆にシミができやすくなってしまうのです。
ただ ソラレンは摂取してから数時間で代謝されてしまうので
夜に摂取するぶんには 問題ありません。
スポンサーサイト



美容・アンチエイジングに関連したブログが人気順に掲載されています
■人気ブログランキング


アンチエイジング ビューティーライフ TOPへ
この記事のURL | アンチエイジング対策 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。